車 売却

車を高く売る!…なら絶対にやってはいけない売却方法

車を売却する際に「高く売る」「高額で買取してもらいたい」そう思うのは当たり前ですよね?

 

でしたら絶対にやってはいけない売却方法があります。

 

それは「下取り」です。

 

下取りはディーラーに現在乗っている車を売却し、新たに購入する車から売却額を差し引いてもらう方法です。
このディーラへの下取りしてもらう価格というのは中古車業者に車を売るよりも低いといわれています。

 

 

なぜかというと

  • 中古車を専門に扱う業者に比べ市場が狭い
  • 転売する際の利益を考えなければならない
  • カーナビなどのオプション品が査定に含まれない

というのが主な理由です。

 

ですから車を高く売りたい方は「車の下取り」という選択肢は捨てましょう。

 

新車を購入する場合でも車を中古車業者に売却したほうが下取りに比べ新車購入費用の負担が軽減される場合が大半です

車を高く売る!…ではその売却方法とは?

 

 

現在は「一括査定サイトを利用した売却法」が最も高く売ることができる方法です。

 

まず一括査定サイトを利用する理由は「簡単にたくさんの業者から査定を集めることができる」メリットがあるからです。
2分〜3分の登録を済ませるだけで10社以上の中古車業者から査定を集めることができる一括査定サイトは大変重宝します。

 

ではなぜたくさんの業者から査定を集める必要があるのか?

 

それは業者によって査定額は大きく変わるからです!
同じ車でも20万円以上最低査定額と最高査定額が変わることも多々あります。

 

 

 

例えば愛車を

  1. 国内で一般家庭向きに中古車を販売しているA
  2. 海外輸出をメインに行っているB

の市場の違う2社に査定をしてもらったとします。

 

 

このときA社には

 

「(今この車種は在庫がたくさんあるし国内ではあまり人気がない車種だから)査定額は10万円」

 

といわれたとしても

 

「(海外ではこの車種は人気だし今在庫も少ないので査定額は)50万円」

 

とB社からは高評価と言った具合に…

 

業者にはそれぞれの市場があり、市場ごとにニーズが違うので査定額が変わってくるのです!

 

ですからさまざまな中古車業者で査定のとればとるほど、売却しようとしている車を高く評価してくれる市場を持つ業者から高額査定を期待でき、通常以上に高く売ることができるというわけです。

 

そこでその査定を多く集めることができる一括査定サイトは大変便利なのです。

車を高く売る!…おすすめの一括査定サイト

一括査定サイトは今やかなりの数が存在します。
そのすべてから査定を集めていては時間がいくらあっても足りません。

 

そこでおすすめの優良一括査定サイトをいくつかご紹介します。

 

以下で紹介する一括査定サイトは
大手中古車業者が運営している
売却額UPにつながる業者間が競合しやすい大手中古車業者が多数登録
登録業者が多く一度にとれる査定の数が多い業者
です。

 

高価売却するならぜひとも利用したい業者ですね!

 

 

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定

中古車を売却するならまずここ

とにかくスピーディーに見積りを取ることができるかんたん車査定ガイド!おそらくその手軽さは業界一!またマイページから何度も一度とった見積り(概算価格)をチェックできるのは嬉しいポイント。さらにかんたん車査定ガイドは高値が期待できる業者が多く参加している査定サイトでもあります。

 

車の売却を考えている人はまずかんたん車査定ガイドはおさえておきましょう!


 

カーセンサー

カーセンサー

最大30社以上から見積が取れる

リクルートが運営するカーセンサーは申し込み画面がわかりやすく、事故車対応店やまたメールでの対応OKの店舗がひと目でわかります。
見積もり最大30以上、そしてメール対応がひと目でわかるというメリットがあるため、他の一括査定サイトでは査定することができなかった「ちょっと気になる第二希望の業者」を中心に見積りをとってみると、メインの業者より思わぬ売却査定金額を提示される場合が!そういった業者を取りこぼさないためにもとても重宝するサイトです。


 

ズバット買取車査定

ズバット中古車査定

老舗の中古車査定業者

登録中古車業者150以上から最大10社までの見積を取ることのできるズバット車買取比較
歴史も古く60万人以上の利用実績、そしてかんたん車査定ガイド同様に高額査定金額が期待できる比較サイトであり、中古車の売却を考えている人はこちらも押さえておきたい査定サイトです。登録業者は大手、中小と多種多様で運営会社は見積もりサイトを多数運営している潟Eェブクルーというのも高額査定につながるポイントでしょう。
車の売却を考えている方は利用をオススメします。


 

楽天オート

楽天オート

売却が成立すると嬉しい特典が♪

簡単50秒で最大9社から比較サイトはみなさんもご存知「楽天」が運営する楽天オート
大手中古車業者を中心に中小も抑えているため査定サイトとしては優秀。更に楽天オートを利用後、成約が決まれば楽天ポイント3000円がプレゼントされるという特典がついています。楽天をよく利用する方には特にオススメですね。
ズバット車買取比較に比べ見積もり業者の数が少ないのが少し残念。ですがポイントの特典もありますから、売却を検討の方は併用し利用することをオススメします。


 

一括査定サイトはそのサイトによって登録業者が違いますから、いろんなサイトを利用することで高価売却してくれる業者を見逃すこともなくなります。ですから一括サイトは複数のの利用をおすすめします。

 

上記のランキングで紹介した一括査定サイトのおすすめの利用方法をご紹介します

 

かんたん車査定で概算価格をチェック

かんたん車査定では登録後すぐに車の概算価格をチェックできるので愛車の現在の価値を知ることができます。
ですから現在の愛車の価値を知るにはもってこいです。登録も業界最速32秒なので手間がとても楽です。

 

現在の愛車の価値がわかればどの業者が相場以上の価値を付けているかわかるため、まずはかんたん車査定から登録しておきましょう。

 

カーセンサーでたくさんの査定を集める

カーセンサーは登録業者、一度にとれる査定がとても多い査定サイトなので査定集めにはとても便利。
最大で30社の査定を集めることができかんたん車査定と合わせると最大40社の査定が集まるので、こちらもぜひ利用しましょう!
カーセンサーはメール対応のみOKの業者が一目でわかるため、電話対応が面倒な方は要チェックです。

 

カーセンサーで集めた査定額はかんたん車査定の概算価格と比較し高く買い取ってくれる業者を選別しておきましょう。

 

〆はズバットor楽天に登録し取りこぼしをなくす

高価売却を更に確実なものにしたい方、取りこぼしが心配な方はもうひとサイト登録しておきましょう。

 

ズバット買取車査定は老舗の一括査定サイトなため、他サイトでは登録のない「渋い」業者などが多く参加しています。
また楽天車査定は登録するだけで楽天ポイントがもらえ、制約となれば3000ポイントが付与されます。

 

業者数や査定数で選ぶならズバット、楽天会員でポイントがほしい方は楽天がオススメです。
もちろんどちらにも登録しておくと期待値は上がります。

車を高く売る!…ための交渉

 

査定を選別し売却するとなると中古車業者と交渉がはじまります。

 

この交渉は中古車業者との探り合いですね!

 

この際も一括査定サイトを利用していることで交渉がとてもはかどります

 

交渉でも発揮する一括査定サイトのメリット

一括査定サイトを利用して査定をとると「一括査定サイトから査定をとった」というのが相手の業者にもわかります。
ですから車を売却するために査定を集めているとコチラの意図がわかるとともに、競合他社がいることを相手にも知らせることができるのです。

 

売却の際、中古車業者に車を直接持ち込む方がいますがこれは厳禁。

 

車を持ち込んだ場合相手に「競合相手がいない」と判断され余裕を与えてしまいます。
業者に「飛んで火にいる夏の虫」だと思われてしまうわけです。

 

こうなってしまうとあーだこーだと理由を付けて売却額を下げられてしまいます。

 

ですが査定サイトを利用している場合競合他社の存在がありますから、自分のところで売却してほしい業者としては下手な対応はできません。
そして競合他社の存在を意識せざる負えません。

 

売却額UPの交渉術

 

一括査定サイトを領した際、業者との交渉で必ずといっていいほど出てくる会話があります。
これは「○○さんはおいくらでした」です。競合他社の査定額が業者も気になるわけです。

 

この会話が出たときはちょっと高めにいうのが他社の査定額を伝えるのがポイント。
他社の金額を伝えると8割方査定がUPします。

 

※ただあまりにも金額を持ってしまうと相手にばれてしまいますので注意しましょう。

 

これは中古車業者に限ったことではありません。
例えば電気屋でも「○○電機は▲▲▲円でしたよ」と伝えると金額が下がりますよね?
中古車業者もこれと同じです。

 

この時、相手に査定額UPした金額を提示され即決を求められる場合があります。
この場合提示された金額が気に入れば売却する業者を決めてもいいですし、満足いかなければこの金額をもとにほかの業者と交渉を進めてもいいと思います。